30代の転職の現状

30代の転職の現状

なぜ30代で転職する人は転職を決意したのでしょうか。

30代で転職に至るには、勤めていた会社に満足できなかったのか、今の状態で現状維持できなかったのか、かなりの理由があったに違いありません。

しっかりとした理由がなければ、労力を必要とする30代の転職を考ることはないかもしれません。

代表的な30代で転職をする理由は、年収の増加と自分の望む職種で仕事をしたいということに尽きるでしょう。

自分を相当売り込まなければ、年収の増加と自分の望む職種を求め、30代で転職することは不可能でしょう。

ひとつ問題なのは、企業側が求めているものを備えていなければ、どんなに自分を売り込んだところで何の役にも立たないことです。

転職を成功させ、30代の今自分の思いを現実にするためには、企業側が自分に何を求めているのか知らなければなりません。

企業側が30代に求めるものは即戦力と統率力です。

企業側は、キャリアがあるにも関わらずチームをまとめることもできない人や、30代であるにも関わらずゼロからのスタートであったりするようであれば、わざわざ30代の転職者を求めたりはしないに違いありません。

自分自身が今まで自分が培ってきたキャリアが、どうしたら最大限に生かされるかを考えることが、転職において最も重要なことです。

30代で転職を考えたとき、キャリアが活かされないと感じられるのであれば、転職すべきではないかもしれません。

それだけ厳しいものだと自覚したうえで、30代の転職をするとための転職活動に挑戦することが必要ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました