第二新卒として転職活動をする時には

第二新卒として転職活動をする時には

最近は、第二新卒として就職活動をしている人も少なくありませんが、第二新卒者として転職する時はどうするといいでしょう。

企業がどういう人を第二新卒として扱っているかや、第二新卒をどのように募集するかは、違いがあります。

一般的には、新卒で入社してから3年未満の求職者のことを第二新卒であると言われています。

いざ働いてみたら、イメージしていた仕事と大きな落差を感じたなどの事情から、早い段階で見切りをつけてしまう人もいます。

ここ最近は景気が回復傾向にあることもあって、あらゆる業界で人手不足の傾向があり、有効求人倍率も高い状態にあります。

新卒の採用を計画していたにも関わらず、充足できなかった為、積極的に第二新卒を採用している企業も多いようです。

第二新卒は、一旦社会に出て働いた経験がある人たちなので、社会人としての基礎的な知識は一通り身についているという強みがあります。

仕事をする上で最低限必要な言葉遣いや態度は問題ないということは利点になります。

しかし、第二新卒ということは一度会社を辞めているので、再び早期に退職してしまうのではないかと判断されかねません。

第二新卒が採用面接を受ける時には、ほぼ確実に前の職場の退職理由を聞かれますので、話せるようにしておきましょう。

特に以前の職場を退職した理由については、面接時に誠実にかつポジティブに説明する必要があります。

第二新卒として転職活動をする際には、転職した後のビジョンを明確にアピールすることが重要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました