就職支援と労働市場について

就職支援と労働市場について

日本国内のニートやフリーターの数を減らすためには、若手の労働力を農業就労に振り分けるべきではいいのではと言った議員がいます。

残念ながらフリーターやニートの問題を解決する決定的な方策には農業支援はなりえておらず、未だに国内の就職サポートは根治的な方策を見出すことができないでいます。

働き手の数を維持するために1人1人の労働時間を分け合って短くするというワークシェアリングも、日本ではさほど検討されてはいません。

また、正社員並み、あるいは正社員として働いているにもかかわらずもらえる賃金が安すぎて、毎日を生きるために最低限必要な生活費も賄えない状態にあるワーキングプアという問題もあり、現在の労働市場は深刻な問題を数多く抱えているといえます。

ワーキングプア状態に陥っている人々は、一昔前の一般的な貧困層や失業者とは随分と違う部分があり、働く貧困者という新しい概念が出現しています。

これは日本国内だけの問題ではなく、ワーキングプアは先進国に見られる未知の問題として知られています。

このように就職支援についてはいろんな問題が労働市場には存在しているのです。

就労サポートのためには、ワーキングプアやフリーター、ニートの解決が必要なのです。

働き手となる人達がより働きやすく、働き手の権利が守られ、働く時間と休める時間のバランスや現代の状況に即した労働倫理などを整える必要性があるのかもしれません。

どれだけ会社や国が援助をしたとしても、最終的にはこれらは本人達の問題に帰結するのです。

町には無料の就職情報誌が溢れかえっています。

インターネットでは全国の就職情報をリアルタイムに入手できます。

自分はどんな仕事に就きたいのか、将来どのような方向に進みたいのかを掴み取るのは、本質的には自分でなすべきことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました