フリーターとニートの就職支援

フリーターとニートの就職支援

ニートやフリーターといった定職についていない人へはサポートがあります。

アルバイトやフリーターのままでいる15~34歳の人数は近年は少なくなりつつあることが労働力調査で判明したと、総務省の発表がありました。

経済動向が上向き、企業の業績もよくなってきたこともあって、最近は高卒や新卒の新規雇用者の採用枠を増やす企業が得ています。

また、国家単位でニートやフリーターへの就業支援も盛んに行われているようです。

1980年代後半のバブル直前頃にまで就職率は改善されており、正社員の人数は着実に増加していると共に働き手の中のフリーターの占める割合は減少しています。

国家のフリーター支援事業やニートへの援助が順調に進んでいる結果として、就職率が向上しているという見方もあるようです。

今では、正社員を希望しながらフリーターとなってしまうような若年層は減ってきています。

この先、景気が回復し政府の就職支援対策が更に充実すると、フリーターは更に減るのでしょうか。

フリーターやニートは減っては行くでしょうが楽観視は出来ないかも知れません。

求人側や国家の思惑とは別に、働く青年達の仕事に対する考え方に関わってくるものです。

正社員にならずフリーターになった若者には、仕事以外の目的を果たすために正社員にならなかったという人がいます。

正社員になれなかったのでやむをえずフリーターをしているという人は少数派で、好きなことをしたいのでフリーターになったという人が案外と多いという現状があるのです。

フリーターになった理由に会社側の都合をあげる人は少ないので、サポート方法もそれに合わせるべきかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました