転職エージェントを使った転職相談

転職エージェントを使った転職相談

転職活動には、代理人として活動してくれる転職エージェントに頼るという方法があります。

転職希望者の相談に乗り、本人の適正に則した会社を紹介するという仕事しており、採用が決定すると企業側から報酬金をもらうシステムです。

つまり、転職エージェントとは転職希望者と求人企業とのお見合いをセッティングする仲人業者といったところでしょう。

そのため、転職エージェントによる転職相談にはかなり親身になって対応してくれるところが多いようです。

報酬を受けて情報提示やあっせんをするところが転職エージェントで、有料職業事業所ともいいます。

求職者と求人者の間を取り持ち、雇用の話がまとまると転職エージェントは成功報酬を受け取ります。

転職希望者などの求職者が転職相談をしたからと言って、転職相談料などとして料金を請求するようなこともありません。

転職希望者にとっていいことばかりにも見えますが、転職エージェントに相談する時は注意点があります。

転職エージェント側から見ると、転職希望者は求人企業に紹介するに値するかどうか見極める対象とされているということです。

企業に紹介でき、採用されるような人材でなければも転職エージェント側も動きようがありません。

転職相談ばかりを繰り返している求人者には、転職エージェントの対応が乱雑になる場合のあるようです。

ノーと言えないタイプの人には向いていないところかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました