外資系企業の転職で必要な英語力

外資系企業の転職で必要な英語力

転職先の企業に外資系を選択したいと思い立った場合、自分の語学能力はどのくらい通用するか気になるのではないでしょうか。

実のところ、ネイティヴスピーカーのように英語が話せなくても大丈夫な企業はよくあるようです。

TOEIC700点以上を求人条件にしているところもありますが、全てではありません。

業務をこなす力と、英語を話す力を比べた場合、外資系の会社であても業務をこなせる能力の方が大事であるということです。

従って、英語にあまり自信がなくても外資系企業の就職を希望することは無謀ではありません。

この他、外資系の会社は処理しなければならない書類が全部英語ではないかと思ってはいませんか。

英語はないわけではありませんが、符号の一種と思えば処理できるくらいのものです。

さほど難しくないということが、じきにわかるでしょう。

実のところ、外資系企業で働いている帰国子女や留学したことがあるような人を除いて社内の語学力の平均を調べてみると、TOEIC800点前後という数字が浮かび上がってくるのです。

これから勉強する意志があれば、特に若い人なら語学力に不安があっても求職希望は無謀ではありません。

転職が決まってから英語の勉強に打ち込んでも間に合います。

実際に外資系企業に入社してから、仕事に必要な英語を勉強すれば良いのです。

ただし、ある程度の語学力を持てない限りは、外資系企業で働くことは少し困難が生じるかもしれません。

海外出張をするにも外部との打ち合わせをするにも語学堪能であることは重要ですし、評価や昇進にも響きます。

余裕のあるうちにコツコツと英語を勉強し、語学力の底上げをはかっていくことが、外資系企業への就職を目論んでいる人には必要なことといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました