肌の乾燥には化粧品の保湿ケア方法の見直しを

肌の乾燥には化粧品の保湿ケア方法の見直しを

化粧品で保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまうのであれば、間違った方法でスキンケアしているかも知れません。

乾燥肌の改善のために化粧品で毎日丁寧にスキンケアをしているけれど、潤っているのは化粧品をつけた瞬間だけ、すぐに乾燥してしまうと悩んでいませんか。

乾燥肌で悩む方は肌のバリア機能が低下していることが考えられます。

乾燥肌は、肌本来が持っているバリア機能が低下しているために、水分が蒸発しやすい状態になっています。

保湿ケアだけではバリア機能は回復しないので、肌の乾燥が防げません。

肌を乾燥から守るためには、バリア機能を助けるケアをすることが大事です。

フェイスマッサージやスキンケアを施す時に、指先に力が入ってしまって、皮膚を摩擦してしまうことがあります。

肌表面の角質層は非常に薄くなっており、この薄い角質層がバリア機能の役割を担っています。

スキンケアをするときには、決してこすらないようにして、常に優しく扱いましょう。

化粧水の使用量が少ないとコットンが毛羽だって肌の刺激になるので、コットンにはたっぷりと化粧水をしみ込ませます。

パッティングは強い力で叩かないようにして、コットンよりも手でつけた方が肌への負担は少なくなります。

手の平を使う時は、化粧水を手の平に広げてから顔にあてて、全体に浸透させます。

美容液や乳液を使ったスキンケアを行う時も、皮膚をこすらないように心がけることが大事です。

洗顔など肌の手入れの時には、肌のバリア機能を守るために、こすらず触れる力加減を覚えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました