お肌の保湿に欠かせないヒアルロン酸とコラーゲンの違いについて

お肌の保湿に欠かせないヒアルロン酸とコラーゲンの違いについて

肌の保湿効果を高めるために使う美容クリームには、ヒアルロン酸やコラーゲンがよく配合されています。

ヒアルロン酸と、コラーゲンは、それぞれが肌にどのような効果を及ぼしており、保湿に役立っているのでしょうか。

皮膚の保湿を担っている成分の中でも、ヒアルロン酸は水分を蓄える力が強い物質です。

皮膚の奥にある真皮層という部分にヒアルロン酸は存在していますが、ここで水分を保持し続けることで、しっとりとした肌でいることが可能になります。

肌のしっとり感が維持できる理由は、皮膚の奥にあるヒアルロン酸にあるといえるでしょう。

水分をキープする効果については、コラーゲンは、ヒアルロン酸ほど持っていません。

肌を構成する細胞と細胞の間をつなぐ働きを担っているものがコラーゲンです。

コラーゲンがあることで、肌はハリを保っていられます。

ヒアルロン酸が肌の乾燥を防ぎ、コラーゲンが肌のハリを保つことで、しわやたるみができない、若々しくみずみずしい皮膚であり続けることができるという仕組みです。

どっちの成分も、肌の保湿能力を保持するためには、なくてはならないものといえます。

ヒアルロン酸だけ、あるいはコラーゲンだけで若々しい肌であり続けることは難しいということができるでしょう。

ヒアルロン酸とコラーゲンがそれぞれの役割を果たしていることで肌の調子を整えることができますので、美肌成分としてはどちらも大事です。

お肌の深部にまで、ヒアルロン酸とコラーゲンが行き渡るようにしっかりとスキンケアを施すことが、美肌ケアにつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました