医療レーザーによるワキの永久脱毛について

医療レーザーによるワキの永久脱毛について

ワキの下のムダ毛を処理する時には、毛抜きを使ったり、カミソリで剃毛する人が多いですが、どちらも肌を傷めてしまうことがネックといえます。

自己処理による脱毛は、毛穴が赤く盛り上がったり、埋没毛ができてしまう原因になるので、出来ればやめた方が無難です。

また、ワキの下を見るためには首をできるだけひねらなければならず、姿勢がつらいという人もいます。

一度処理した部分に新しく毛が再生しないようにするには、脱毛クリニックでの永久脱毛処理が効果的です。

脱毛クリニックでは、医療レーザーを用いて毛根にダメージを与え、ムダ毛の再生を防ぎます。

毛穴の奥にある細胞にレーザーの光を照射することで、ムダ毛を生成する細胞の働きをストップさせてしまいます。

医療レーザーでの永久脱毛は、ムダ毛の再生を抑制する作用が期待できます。

ですが人によっては、脱毛処理をした後にムダ毛が数本生え戻ってきたり、産毛状のムダ毛が生えてくることがあるようです。

本当の意味での永久脱毛をしたいなら、医療レーザーでは効果が弱いという判断をしている人もいます。

医療レーザーでの脱毛よりも強力な、永久的な効果が期待できる脱毛施術を受けたいという人は、古くから使われているニードル脱毛がおすすめです。

ワキの下は永久脱毛をしたいという考えから、ニードル法でのワキ脱毛をする人もいますが、施術費用が高かったり、時間や痛みの問題もあります。

どの程度の効果を求めて永久脱毛をしたいと考えているかや、費用や所要時間などで方法を選択しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました