美肌作りには摩擦と刺激を与えないスキンケアがポイント

美肌作りには摩擦と刺激を与えないスキンケアがポイント

美肌になりたくてスキンケアや健康的な生活への取り組みなどの様々な努力をしているのに、期待した効果が得られないという人がいます。

化粧品が合わないのではと疑いたくなりますが、実はスキンケア方法が間違っている可能性があります。

皮膚は見た目の印象以上に繊細で刺激に弱くできていますので、美肌を目指すなら肌を優しく扱うことがまず前提になります。

肌のデリケートさは知っているつものでも、実際の洗顔ケアでは、肌への負担が大きすぎる可能性もあります。

スキンケアのやり方が根本的に間違えていないかをチェックしましょう。

肌のたるみやしわを解消したくて、スキンケアの際に皮膚を強く引っぱり上げてみたり、しわのある場所を引き延ばしたりする人もいます。

皮膚を指でひっぱったり、こすったりすると傷んで肌トラブルやしわの原因になりますので、ソフトに扱いましょう。

ほとんどなでるくらいの力加減で大丈夫で、なじませながらスキンケア化粧品を浸透させていくのが基本です。

肌の表面に触れる時には、豆腐の表面に触れるくらいの心づもりで、細心の注意を払うことです。

油分や水分が混じった分泌液が毛穴から出ることで、肌は外界の乾燥や刺激が届かないようにしています。

肌のお手入れをする時に摩擦しすぎて皮膚を傷めるなどすると、バリアの働きが低下して肌にダメージが及ぶことがあります。

肌本来の油分を奪ったり、デリケートな肌にダメージを与えることがないように、スキンケアの加減を考えることが美肌のポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました