為替取引によって利益を得るためには

為替取引によって利益を得るためには

もしも資金の運用に為替取引を利用するならば、まず為替相場の変動の基本として、円安と、円高について知っておくことです。

為替市場とは外国為替市場の略で、ドルや円など異なる通貨を売買するインターネット上にある市場のことです。

ロンドンとニューヨーク、東京が3大為替市場となっていて、取引されている時間は月曜日の早朝から土曜日の明け方までとなっています。

各市場には時差があるのでどの時間帯でも取引はできますが、日本時間で21時~1時の値動きが最も盛んです。

必ず市場が動いているというわけではなく、銀行が休んでいる土日については、取引ができないこともあります。

為替市場と株取引の大きな違いの一つとして、株式取引所は午前9時から午後3時までということがあります。

株の取引所では、夜中の取引ができることもありますが、取引量があまり多くないことから、それほど活発な値動きはないようです。

円安と円高というのは円の価値を表していて、円安というのは円の価値が低くなること、円高というのは円の価値が高くなることを言います。

何ドル何円というレートのことは、為替レートと呼ばれており、為替取引の状況によって常に変動しているのが特徴です。

為替取引では、相場の変動を読んでタイミングをはかって売買を行うことで利ざやを得ますが、損が出ることもあります。

為替相場が、今後どのように変わっていくかを知るには、経済の動向や、外国間の貿易取引、政治の動きなどか関わっています。

為替市場で利益を確保できるような取引をするためには、今までの変動要素を把握して、予測に生かすなどの方法があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました