日経225ミニの株取引リスク

日経225ミニの株取引リスク

日経225ミニは、株取引が少ない元手で可能なことが利点だといえるでしょう。

日経225ミニによって資金効率のいい投資の運用が可能なのです。

50万、60万円の資金を元手に200万、300万の株取引を行うことをレバレッジ効果といいます。

レバレッジの倍数は、投入した資産の何倍の取引を行うかでおおよそのものが決まってきます。

株取引をレバレッジによって行う場合、資金の効率は良いですが、ハイリスク・ハイリターンになりがちであるというリスクも存在します。

日経225ミニはレバレッジ効果を利用している分だけ、自分の思惑と逆方向に相場が動いた分の含み損のふくらみ方も急激になるというリスクがあります。

日経225ミニでは買ってからも価格が下落を続け、そこで買い足したところ更に下落という状況に陥るという危険性もあります。

また損が膨らみすぎて決済する勇気が持てなくなることもあるでしょう。

日経225ミニでは、必要証拠金を補うための不足分を新たに資金投入しなければならないことがあります。

それは損した額が証拠金の額を越えてしまった場合です。

この投入する資金を追加証拠金といいますが、これが起きた時というのは自分の戦略をもう一度見直すべき時かもしれません。

きちんと資産管理や損切りができていなかったといえるからです。

日経225ミニを預けた証拠金の範囲ぎりぎりで続けることは大変危険なことです。

日経225ミニの取引は追加証拠金を求められることのないよう、余裕をもって行うようすることでリスク抑えることができます。

危険だと判断した場合は損切りをして思い切って株取引を休むことも大事なリスク管理です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました