食事で不足する栄養をサプリメントで摂取するときの注意点

食事で不足する栄養をサプリメントで摂取するときの注意点

サプリメントを用いて栄養不足の改善をはかる人は増えていますが、理解しておきたいことがあります。

サプリメントを活用することで、食事で得る栄養を補助することができます。

サプリメントは食事の代用品として使うものではありませんので、食事代わりに用いるたぐいのものではありません。

野菜や果物の摂取量が少ないと、必然的にビタミンや亜鉛、カルシウムや鉄が不足しがちになります。

たくさん亜鉛を摂ると、腹の痛みや、嘔吐感、低血圧症状など、体の不調が出ることがあります。

鉄を摂取することで赤血球数の増加や、抗酸化力の強化につながります。

肩凝りや頭痛、冷え症状、慢性疲労など、鉄分が不足すると体には色々な問題が発生するものです。

ヘム鉄か、非ヘム鉄かの2種類の鉄が、サプリメントの成分として用いられています。

身体への吸収率はヘム鉄のほうが高いので、サプリメントを選ぶ時にはヘム鉄が使われているものがおすすめです。

神経が電気信号のやり取りをしたり、骨や歯の原材料になってるカルシウムも、身体にとって重要な成分です。

カルシウムは過剰に摂取しても体には良くないので、骨を強くしたくても摂取量はほどほどにすることです。

サプリメントを摂取する時は、パッケージなどに記載されている摂取量を守って、過剰摂取を避けることが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました