機能性表示食品の持つ本当の効果と日常生活の活用に対する考え方

機能性表示食品の持つ本当の効果と日常生活の活用に対する考え方

いつまでも健康でいたいという気持ちの高まりから、機能性表示食品の表示をされたサプリメントを使う人が多くなっています。

健康に役立つ栄養素が配合されたドリンクや食べ物が開発されるようになって、多くの人が健康のために使うようになりました。

これらの飲料品や食品の多くは現在、機能性表示食品と呼ばれており、人気の商品となっています。

定められた規則に基づいて、必要な資料を出した上で、健康効果があるものだと示したものが機能性表示食品です。

同時に安全性もしっかりと確保されている事から、安心して購入することができます。

特定保健用食品は、商品ごとに審査や許可を受けて表示するもので、トクホのマークで知られています。

お腹の調子を整えるとか、血糖値が気になる方になど、特定保健用食品として認められた商品については、定められた健康効果の文章が表記可能です。

特定保健用食品のポイントは、その品物ごとに国が審査を行い、表示OKを出していることです。

対して一般の機能性表示食品は一定の効果が認められていれば、国の審査無しに表記して販売することが可能となっています。

サプリメントを評価する際に、表示条件の厳しさという点では、機能性表示食品は緩い分、信頼しづらいという人もいます。

ただ一般的な飲料品や食品として厳しい検査をくぐり抜けてきた製品であり、安心して飲食出来る事に変わりはありません。

とはいえ、機能性表示食品を摂取するだけで健康な体になれるわけではありませんので、食習慣の見直しや、生活習慣の改善にも取り組むようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました