減量しても体脂肪は簡単には落ちないもの

減量しても体脂肪は簡単には落ちないもの

体重を減らすためには色々な方法がありますが、体脂肪を減らすことができなければ減量とは言えません。

減量に取り組んでいる時に、体重は減らすことができていても、体脂肪率はあまり減っていないという体験をしたことがある人は少なくありません。

人間の体には、余剰なカロリーの蓄積によってふえた体脂肪があります。

体重が減っても、体脂肪は減っていないこともあるのです。

人の体には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、皮下脂肪は食事を少なくすれば、徐々に減らすことができる脂肪です。

ですが、体脂肪というのは内臓器官についてしまっている場合が多いので、これは確実に落としていくためには、かなり時間がかかるのです。

ちょっとしか食べない生活を送っていても、脂肪の減少にはつながりません。

体脂肪も減らせるような減量をするには、食事の量を適正にするだけでなく、筋トレや有酸素運動との併用がポイントになります。

可能なら毎日、体脂肪を燃やす作用が期待できるような運動を継続することが大事です。

下半身やせを目指す女性が多いですが、女性の体脂肪はウエストのほか太ももやお尻などの下半身に貯め込まれがちです。

長時間の有酸素運動は、体脂肪を燃やす効果があるといいますので、毎日実践してみるといいでしょう。

必ずジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を毎日最低でも1時間は続けることをおすすめします。

即効性のある減量方法でないほうがむしろ体にはいいので、少しずつ体重を減らしていきながら、ボディバランスを調整しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました