女性は体重を気にするよりも全体のバランスに注目すべき

女性は体重を気にするよりも全体のバランスに注目すべき

体重が多いことをコンプレックスに感じている女性は少なくありません。

より美しく愛される存在になりたいという気持ちから、体重を減らすことに余念の無い人もいます。

全身にバランスよく筋肉がつき、形がきれいであるほうが、体重よりも本当は大事です。

脂肪のつき方や、筋肉のつき方でも見た目の印象は変化しますので、体重が少なければOKという話ではありません。

それほど太っていないように見える人でも、体重をはかると案外と数字が大きくなるということもあり得ます。

隠れ肥満の人は、外見で肥満とはわかりません。

見た目が痩せているからと安心していると、測ってみたら案外と体脂肪率が高くなっていて、隠れ肥満を指摘されるという女性もいます。

太もも、ヒップ、ウエストなどは皮下脂肪が蓄積しやすい場所です。

女性は内臓脂肪より皮下脂肪が多い傾向があります。

年齢と共に徐々に代謝が低くなっていくと、食べたものをエネルギーにする必要がなくなって、余った分を脂肪にします。

体脂肪も計測が可能な体重計が最近は販売されていますので、体重と共に体脂肪率も測っておいて、身体にとって多すぎないかどうかを調べます。

ダイエット中は体重に関心が向きやすいですが、体脂肪率が増えすぎないように配慮することも重要になります。

あまり体重の増減気にしすぎずに、日々の食事内容や、運動の習慣を構築してコツコツと続けて行うことで、結果的にボディメーキングが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました