減量に成功して体重が減っても喜ぶことは禁物

減量に成功して体重が減っても喜ぶことは禁物

減量とは体重が減ることですが、体重が減るといっても何が減るのかによって減量の意味が変わってきます。

血液や水分、脂肪分、その時食べたものなど、体重の内訳はその時々でも違います。

体脂肪を減らしたくて減量に取り組んでいる人は多いですが、それ以外のものが減ることもあります。

たとえば、内臓脂肪の蓄積は、高血圧や高血糖などのリスクを高めることが指摘されています。

脂肪を減らして適度な体脂肪率を保つことは、健康維持につながることになるので、ダイエット以上の効果が期待できます。

運動をしたり食事バランスに気をつけることが、脂肪を減らすことにつながります。

体重が減っていても、それは脂肪ではないことがあります。

脂肪以外の成分が減ったせいで体重が減った場合、健康な身体にはなれていないので、注意が必要です。

筋肉が減ったせいで体重が落ちていることもあります。

食事を減らすと、筋肉が分解されていることがあります。

筋肉は体を動かすために必要で、極端に筋肉が少なければ歩くことも困難になり、日常生活に支障がでます。

また、筋肉が減ると基礎代謝が落ちてしまうので、やせにくくなりリバウンドしやすくなるので注意しましょう。

ただ単に体重を減らすのではなく、健康的にダイエットできる方法を選択して、減量することを目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました