脂肪細胞を減らして太りやすい体質を改善する方法

脂肪細胞を減らして太りやすい体質を改善する方法

脂肪細胞は大別すると、白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞とが存在います。

白色脂肪細胞の特徴は、体に必要なエネルギーを溜め込んでいることです。

一方、褐色脂肪細胞は、貯めているエネルギーを燃焼して体外に出してしまう細胞となっています。

白色脂肪細胞の数は、個人差があります。

多くの白色脂肪細胞を蓄えている人ほど、肥満になりやすいとされています。

脂肪細胞はサイズを変化させますが、数は変わりません。

つまり、痩せることができても細胞個数は変わらないのです。

脂肪細胞は、若いうちに急激に太ると数が多くなることが知られています。

脂肪細胞の個数を少なくすることはできない一方で、増える可能性はあることが、脂肪細胞の怖いところです。

ただ何も打つ手が無いわけではなく、脂肪細胞自体の数は減らすことができなくても、脂肪細胞の大きさを小さくすることは十分に可能です。

脂肪燃焼効果のある運動をしっかり行って、痩せて体を引き締めていけば、脂肪細胞はどんどん小さくなってくれます。

ダイエットをしても脂肪細胞は減りませんが、小さくはできますので、諦めずに取り組みましょう。

不摂生な生活はしないようにして、体にいい食事を摂って代謝のいい状態を保ち、運動を習慣的に実践することがポイントです。

体質的に体重が増加しやすくても、脂肪細胞が大きくならないように、適度な運動と、健康維持に必要な量の食事、そして健康的な生活を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました