脂肪細胞の数と太りやすい体質との関係について

脂肪細胞の数と太りやすい体質との関係について

体質的な太りやすさとは、脂肪細胞の数がどのくらいあるかに関係しています。

脂肪細胞の数には個人差があります、ティーンエイジャーの頃に太っていると多いようです。

ですから子供の頃に太っている人というのは、たいてい脂肪細胞の数が子供時代に太っていなかった人よりも決定的に多いのです。

脂肪細胞がたくさんあると脂肪が蓄積されやすく、体重の増加が明確に現れます。

成人してから脂肪細胞を少なくしたいと思っても、数を減らすことはできません。

成人前に決まった数でそのままいくしかありません。

ですから、生涯を通じて太りやすい体質として生きていくしか方法はありません。

外科手術などで取り除かない限りは、脂肪細胞を体から少なくすることはできません。

少しの食べ過ぎがすぐに体重増加に反映されたり、ダイエットが一時的にうまくいったのにリバウンドで元通りになってしまったりという人は、脂肪細胞が人より多いかもしれません。

脂肪細胞が多い人は、太り体質であることは一生変わらないので、ひたすら太らないように気をつけていく必要があります。

体の中にある脂肪細胞が多ければ、カロリーオーバーな食事をするとすぐに体重が増えて肥満気味になります。

ただし、1日で使うカロリーが摂取カロリーより多ければ、脂肪細胞が多くても体重を減らせます。

ですから、普段から規則正しい生活をして、常に摂取カロリーを管理することが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました