リバウンドで体重が戻らないようにする為には

リバウンドで体重が戻らないようにする為には

人間の脳には満腹感を知らせる満腹中枢がありますが、この部分がどう動くかを知ることでリバウンドの対策が可能です。

食事をたくさんすると満腹感を得ますが、これは体に必要なエネルギーをもう十分に摂取したという体のサインです。

どのタイミングで満腹感を得るかを知っておくと、ダイエットの直後にリバウンドが起きる現象を抑制することが可能になると言われています。

継続的な食事制限をしていると、満腹感が感じられるタイミングが少しずつズレてくる場合があるといいます。

人間の体内にはレプチンという物質がありますが、これが脂肪細胞に脂肪が吸収された時に分泌され、満腹中枢に働きかけます。

食事の摂取量を減らしていると、体内のレプチンがゆるやかに減少していき、満腹中枢に働きかける頻度が減ります。

食事の量を戻した場合でも、1カ月くらいかけなければレプチンは元通りになりません。

レプチンが元に戻らないうちに食事制限を止めると体重が増えてリバウンドしてしまうので注意が必要です。

レプチンが少ない状態で、ダイエット前までと同じような食事を摂ると、摂りすぎたカロリーを燃やして使いきれないほどになってしまうという人も多いようです。

ダイエットをした後にリバウンドが起きるのは、満腹感を感じる食事の量が、以前より多くなっているということがあります。

レプチンが分泌されるようになるまでの期間は、体では停滞期が始まって体重が減りにくくなっている時期なので、ダイエットもうまくいきません。

体重を減らすためにダイエットをする時でも、リバウンドについて理解を深めることで効果的なダイエット方法をすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました