リバウンドで体重が増える原因

リバウンドで体重が増える原因

ダイエットをする時にはリバウンドに注意しながら実践することをおすすめします。

リバウンドがなぜ起きるかを知っていれば、ダイエットを始める時にリバウンドが起きにくいように予防策を講じることが可能です。

リバウンドしてしまうことに深く関係があるのは、ホメオスタシスという体の機能によって起きるダイエットの停滞期です。

ダイエットのためにカロリー制限をしたことがある人は多いようです。

多くの人は、カロリーを制限し始めた直後は体重の減少が見られたものの、その後体重減少が鈍化したと感じたはずです。

これは特に珍しいことではなく、停滞期と言って体のメカニズム上の問題であり、しばらく続くこともあります。

ホメオスタシスという身体機能があるために停滞期が起きますが、このせいで常にリバウンドするとは限りません。

ホメオスタシスとは、体に少量のエネルギーしか入って来ない期間が続くと、エネルギーの消費量を抑えて体を維持しようとする働きのことをいいます。

体重や体温が短期間で変わりすぎると体によくないので、無理のかかるダイエットはしないほうがいいでしょう。

このダイエットの停滞期は誰にでも起きることなのですが、体重が減らない時期が続くことによって、途中でダイエットをあきらめてしまう人がいます。

それまで進めていたダイエットを急にやめても、ホメオスタシスの機能は残っているので、代謝が少ない状態は続行されます。

エネルギーを貯めやすくなっている状態で食事を元に戻すと、消費されずにどんどん体に蓄積されるので、リバウンドの原因となってしまうのです。

どうしてリバウンドが発生するかを知ることで、ダイエット中の停滞期にどう対処すればいいかがわかるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました