肥満になる原因と解消方法について

肥満になる原因と解消方法について

肥満の原因を把握しないと、対策の立て方が誤っていたり、再度太ってしまうことがあります。

しばらく体重を計っていないと驚くような体重増加があって、肥満になっていることに気づいて後悔することもあります。

従来、日本食といえば低カロリーで健康にいいものというイメージでしたが、最近は食事も変化しています。

肥満大国ではありませんが、それでも食生活の欧米化によって、だんだん肥満人口も増加しているようです。

主な原因として挙げられるのは、食事です。

肥満になりやすい食事とは、カロリーが高く栄養が偏っているものです。

ポテトチップスや揚げ物など、油を使った料理は性別や年代を問わず人気がありますが、ハイカロリーになりやすいというネックがあります。

油分の多い食事は口当たりもよく、美味しく感じるので好物だという人は多いですが、体重増加の引き金になるものです。

肥満にならないためには基本的には和食中心にした食事内容にして、摂取カロリーを抑えることが大切です。

肥満の原因には、運動をしない生活が影響を与えています。

高カロリーの食事をしていて、あまり運動する機会が無いのであれば、肥満になりやすいのは言うまでもありません。

肥満の原因をなくすためなら、厳しい運動をする必要はないので、まずはウォーキングがお勧めです。

日常生活の中でも無理なくできるような運動を日々の習慣にして実践することで、肥満体型から脱却することが可能になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました