金利の違いを比較して住宅ローンを選ぶことが大切

金利の違いを比較して住宅ローンを選ぶことが大切

住宅ローンの条件を比較する時には、金利の仕組みを理解しておくことが大事です。

住宅ローンの金利は大別すると変動制と固定制があります。

家を買う時や、リフォームを行う時に使える住宅ローンは、金融会社ごとの特徴を理解して比較することが重要になります。

条件に応じて金利が変わったり、担保の決め方や、頭金の入れ方によって優遇措置があるなど、様々なものがあります。

手数料の節約や、低金利での融資など、住宅ローンの利用の仕方を変えることで、借りやすくなることもあります。

他のローンと違い、住宅ローンは十年以上の返済になることも多いので、金利は固定制のほかに変動制があります。

変動金利と、固定金利の両方を取り入れたミックス型の金利にした住宅ローンもあります。

住宅ローンを固定金利にすると、完済まで金利は一定です。

ただし、金利設定は高めになります。

将来的に金利が変わらないため、返済プランが立てやすいという利点があります。

ここ数年はずっと金利が低いため、今後も金利がそう簡単に上がらないだろうという予測のもとで、変動金利を選ぶ人は少なくありません。

単純に変動金利と、固定金利を比べると、変動金利のほうが低く設定されています。

ですが変動金利での融資を受けると、何年か後に金利が上がった時に、今より金利が高くなることがあります。

大口の借り入れになり、完済にも時間がかかる住宅ローンの場合、ほんの少しの金利差が完済に必要な金額にかりの差をつけますので、借入先を決める時は慎重にしたいものです。

近親者が同じローンを利用している場合や、給与口座を開設している場合などで、住宅ローンの金利条件が変わる銀行もあります。

よりよい条件で住宅ローンの融資を受けられるように、金融会社によって異なる融資の条件をチェックして、数社を比較してから選ぶようにしたほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました