クレジットカードのポイントとは?貯め方と使い方

クレジットカード決済を増やしてポイントを貯める

ポイントがつくタイプのクレジットカードを使っている人は多いようです。

いつの間にかたんさくポイントが貯まっていると、使い道を想像してわくわくする人は多いようです。

ポイントをたくさん貯める方法としては、貯まりやすいクレジットカードを選ぶというのが大切です。

さらに大事なのは、様々な場面でクレジットカードの決済を選択することです。

最近は、ちょっとした買い物でもクレジットカードが使えるようになっており、利便性が高まっています。

ポイントがスムーズにつくようにするには、クレジットカードで買い物ができる時は日頃からクレジットカードを使う習慣をつけるといいでしょう。

クレジットカードで決済ができる公共料金もありますので、積極的にカード払いを用いるといいでしょう。

ふるさと納税で節税をするという方法が関心を集めていますが、クレジットカードでのふるさと納税も可能です。

一昔前なら口座引き落としが当たり前だった生命保険や損害保険もクレジットカードで払えるようになっています。

毎月発生することが多い出費であれば、クレジットカードの決済に変更するだけで、年間のポイント数は大幅に増えることでしょう。

昔の保険についてはクレジットカードに対応していないという場合もありますので、チェックしてみるといいでしょう。

クレジットカードのポイントがより多くたまるようにするには、保険料の払い込みなどをカードで行うことです。

流通系クレジットカードは多くのポイントが貯まる

流通系のクレジットカードは、審査の基準が比較的ゆるやかなので、申し込めばかなりの確率で発行してもらえます。

スーパーや量販店などで発行されているもので、特に店頭で受け付けを行っている時は顧客拡大を狙っているため、スムーズに申し込みをすることができます。

他店での使用や、海外でのカード決済など、一通りのクレジットカードの機能はついているものです。

よく行く店でクレジットカードを発行してもらえば、ポイントが貯まりやすくなるなどの優遇が受けやすくなります。

予定していなかった高額決済の必要が生じた時でもクレジットカードが1枚あれば対応できますし、分割払いにして支払い負担を軽減する手もあります。

その店で買物をする時は、よほどの少額の買物でない限り、すべてカード決済にしてみてはいかがでしょうか。

カード払いができる時には常にクレジットカードを使っていると、ポイントもどんどんついて、そのポイントを割引にも充当できます。

さらにクレジットカードの会員に限り、ポイントが多めにつくというメリットもあります。

ポイントカードを使うことが多い人は、ポイントカードにまとめてしまうことでカードの管理もしやすくなりますし、ポイントが入りやすくなる店もあり、利便性がアップします。

クレジットカードを利用する目的は現金決済の利便性を上げることが第一ですので、ポイント目的でわざわざ買い物をする必要はありません。

クレジットカードでの支払い状況は常に管理しておくことが大事になります。

利用計画を立てた上で、クレジットカードを上手に活用すれば、効率よくポイントを貯めることができます。

クレジットカードは基本的に買うことよっていくらかのポイントがつきます

クレジットカードは日々の買い物をスムーズに行うためにとても役立つものです。

クレジットカードを利用するメリットの一つにポイントが付与される特典があります。

買い物などの時に利用した金額に応じて、ポイントを貯めることができます。

ポイントの還元率は決済額の1%くらいですが、普段からこまめにクレジットカードを活用していると、ポイントはどんどん貯まります。

一定のポイントがたまったら、お得な品物と交換できたり、カードの支払いの際に値引きに使えたりします。

クレジットカードを電気料金や、ガソリン代、家賃の決済に使うことで、毎月確実にポイントをためることができます。

毎月の決まった出費をクレジットカード払いにすることで、意識しての買い物をしなくても、ポイントを増やすことができます。

ほかのメリットとしては、後払いで商品を買うことができる点でしょう。

支払いを分割にすることで、金額が高いものでも購入できるようになります。

手持ちのお金が不足していても、分割払いやリボ払いなど支払い方法を工夫すれば、欲しいものが買えます。

分割払いの注意点は、利息がつくことです。

一括払いなら利息はつきませんので、可能なら一括払いを利用したほうが安くつきます。

買い物を便利にしてくれるクレジットカードですが、決済の大まかな仕組みや、支払いまでの見通しなどは、事前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました