クレジットカードの審査と解約について

クレジットカードを解約する時に注意しなければいけないこと

使わないクレジットカードをいつまでも保有していると年会費がかかったり、不正利用の被害に遭ったりする可能性があります。

複数のクレジットカードを所有しているとカードローンや住宅ローンの審査時に不利になる可能性もあると言われています。

あまり利用頻度の無いクレジットカードは、早めに解約した方が賢明です。

クレジットカードを解約する時に、事前に確認しておいたほうがいいことがあります。

クレジットカードの支払いが残っている時に解約手続きを行うと、その時点で精算を済ませてしまわないといけません。

クレジットカード会社に支払える金額が手持ちにあるかを確認した上で、解約の手続きをする必要があります。

クレジットカードを新規で申し込みをすると、ポイントや商品券などの様々な入会特典がもらえるのが一般的です。

入会特典をもらった後すぐに解約すると、場合によってはその会社が発行しているクレジットカードを二度と作れなくなってしまう可能性があります。

今後もその会社のカードを利用する可能性がある場合は、作ってから半年程度は解約しない方が無難です。

クレジットカードの年会費は返金不可で1年に1度というパターンが多く、更新期日ごとに自動で引き落とされていることも多いようです。

ポイント特典がついていたクレジットカードの場合、解約をするとポイントか消えてしまいますので、まずポイントを使い切ってから解約をしましょう。

支払中のお金はあるか、ポイントはどのくらいたまっているかなどは、クレジットカードの解約前にチェックしてください。

クレジットカードの申込時の審査について

自分の信用情報は、クレジットカードの審査をクリアできるかを気にしている人がいます。

クレジットカードの発行会社を大別すると、消費者金融系、信販系、銀行系になります。

大まかに、審査の通りやすさは、第一が消費者金融系で、次いで信販系、最後に銀行系という順番になっています。

消費者金融系のクレジットカードや大手のスーパーや量販店などの流通系のクレジットカードは、審査は厳しくないようです。

収入が正社員ほどには安定していないような、パートや派遣業の人でも、クレジットカードの申し込みができます。

もちろん、収入がないと申し込みができませんし、また過去に返済滞納などのトラブルがあると審査に通るのは難しくなります。

金融会社とは別に信用情報会社というところがあり、これまでローンの支払いや、カードの精算で問題は起こしていないかを確認してくれます。

過去に、ローンやキャッシングなどで借りたお金の返済を遅らせたことがあると、事故情報として信用情報会社に残されます。

金融会社の融資基準は会社によっていろいですが、クレジットカード審査で不利になる要素に、他のローンの返済遅れがあります。

債務整理はともかく、延滞による異動情報、つまりブラックは意外と本人が知らないことが多く、こういうクレジットカードの審査などで、初めてわかることも多いのです。

クレジットカードを新しくつくれる状況に自分があるかを知るためには、まず異動情報について知ることです。

信用情報機関に問い合わせをすると、情報の内容を閲覧させてもらえるので、審査が心配な人は確認をしておきましょう。

クレジットカードでキャッシングを行う際に注意すべき点

多くのクレジットカードは現金決済を行う時に用いるものですが、最近はキャッシング機能もついていて、現金融資を受けることもできます。

もしもキャッシングにも使えるタイプのクレジットカードなら、明細書にその旨が明記されています。

例えばショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円と書かれていた場合、20万円まではキャッシングにも利用することができます。

とはいえ、クレジットカードの基本的な機能は買い物に使うことなので、決済に用いる枠のほうが優先されて、月の使用状況によってはキャッシングができなくなっていることがあります。

もしもクレジットカードでキャッシングをしたら、返済は一括かリボ払いかの、どちらかの方法になります。

リボ払いを選んだ場合は、ショッピングでのリボ払いと同様に、決まった金額だけを毎月支払って返済していきます。

カード決済をした場合、精算しなければいけないお金が残っている限りは利息がつきます。

クレジットカードのショッピングサービスより、キャッシングサービスのほうが、金利が高めのサービスです。

ショッピングより高い金利の支払いを抱えることになるので、何かを買う為にキャッシングをするのであれば、そのままクレジットカードで支払ってしまった方がお得です。

クレジットカードのキャッシングは、一括払いにしても金利がつくということに気をつけましょう。

借りたお金を返す時に日割りで利息を決め、元金に利息をプラスして全額まとめて返済をするという形になります。

クレジットカードのキャッシングは大変便利ですが、利用する場合にはショッピングとは違うところが多いので気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました