キャッシング審査の流れ

キャッシング審査の流れ

融資を受けることができるか否かは、審査の結果によって決まります。

キャッシングローンの申し込みから審査結果が出るまでの手順はどうなっているのでしょうか。

最初に、金融会社にキャッシング審査を申し込みます。

提出した必要書類の内容に基づき仮審査を行います。

貸し付けが可能かどうか、何らかの問題はないかを提出書類を元に確認します。

この時、勤続年数や収入などのプロフィールを確認され、限度額が算出されることもあります。

キャッシング審査の次の流れは、電話で、申込み時の内容に間違いがないか確認したり、本人確認の意味も含めて勤め先等に電話がかかってきます。

電話確認も終わりましたら、本格的なキャッシング審査に入ります。

借り入れスタートをこの仮審査と本人確認終了時点としている会社もあり、融資が可能となります。

職業の内容や具体的な年収、ブラックリストに名前が載っていないかなど詳細項目については、その後に審査されます。

他の金融会社に借入れがあるかどうかの審査もキャッシング審査では行われ、この審査に通れば、ようやくカード発行となる訳です。

最終段階として契約書とキャッシュカードが発行され、手元に届きます。

以後は融資を受ける時はこのカードを使って借り入れ手続きをします。

カードや契約書を郵送する会社や、店舗窓口での引き渡しを行う会社もあります。

この頃のキャッシング融資では、自動契約機からのカードの引き渡しが可能なところもあります。

キャッシング審査に通りさえすれば、比較的簡単に手軽にカードを手にしお金を借りることが出来るようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました