買い物時に活用できるショッピングローンとクレジットカードの違いとは

買い物時に活用できるショッピングローンとクレジットカードの違いとは

高額な商品を購入する時、ショッピングローンを利用すれば支払いの負担を軽減することができます。

しかしその言葉にあまり耳馴染みがないため、使うという選択肢がなかったり、クレジットカードとの違いがわからないということもあるでしょう。

大まかに言えば、ショッピングローンとは、ローン会社に商品の支払いを肩代わりにしてもらった上で、後で支払うものです。

その場での支払いをローン会社が行ってくれるため、ローンの契約さえ結べばその時点ではお金を持っていなくても商品が買えます。

一時的にローン会社に借金をして、後で少しずつ返していくという仕組みです。

イメージとしては、支払いを肩代わりをしてもらって、欲しいものを買うというものです。

ショッピングローンを利用するためには、商品を購入する際に審査が必要となります。

クレジットカードの申し込み時に行われる審査といったものだと考えておくと良いでしょう。

クレジットカードは繰り返しの使用を前提としていますが、ショッピングローンは単発のローンになりますので、審査の基準も多少は異なっているようです。

ショッピングローンは、一回使ったらそれきりですので、同様のローンを何度でも使いたいという考えを持っている人はクレジットカードにしたほうがいいかもしれません。

返済回数や、金利の設定などは、ショッピングローンを組む度ごとに異なりますので、利用条件については毎回きちんと把握しておきましょう。

どの金融会社のショッピングローンを使うかで、販売店サイドが便宜をはかってくれることもありますので、上手に活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました