借り入れ限度額の仕組み

借り入れ限度額の仕組み

利用限度額を知ることは、かしこいクレジットカード利用の第一歩です。

ショッピングとキャッシングの上限金額がそれぞれ個別に決まっていることが、クレジットカードの特徴です。

限度額を超えない範囲でならば、キャッシングやショッピングのローンを組むことができます。

たいていの場合、限度額は入会1年目で10万円~20万円ほどです。

利用明細書をチェックすると、どこかに限度額が書かれている場合がほとんどです。

限度額は高いほどいいということはありません。

確かに高い限度額は余裕がありますが、払いきれない額のローンを作ってしまわないようにしたいものです。

限度額は、入会初年度に定められた金額から利用状況や継続年数で金額が変動していきます。

カードの更新時に限度額の見直しがになされ、返済態度や利用状況に特に問題点がなければ限度額を引き上げるという仕組みが一般的です。

定められた期日に返済をし、定期的にカードを利用していれば、ごく普通に限度額が引き上げられます。

また、利用者からの申し込みによって限度額を引き上げることが可能なカードもあります。

好きなように買い物をしたいならば、ショッピングローンの限度額が高い方が買い物の幅が広がりますし、欲しいものを手にすることができるようになります。

クレジットカード一枚でローンのやりくりができるなら、複数の消費者金融を利用せずに済みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました