つなぎ融資の対策

つなぎ融資の対策

期間の長短にかかわらずお金を借りると利子がつきます。

従って、つなぎ融資にもコストはかかります。

支払う利息を小さくするには、借り入れ期間を短くすることでしょう。

金利計算は日割りなので、費用を圧縮するいい手段といえます。

少しでも得な住宅ローン利用を実現するため、効率のいい方法を事前に下調べしておくことが大事といえます。

住宅ローンは取り扱っていても、つなぎ融資は扱っていない金融会社もあります。

つなぎ融資を扱っている金融業者についての情報は、なるべく早い段階で把握し頭に入れておくべきです。

金融機関から住宅ローンの融資が下りるまでを埋めるためにつなぎ融資を借ります。

つなぎ融資の利用期間を少しでも短くするためには、住宅ローンの融資を早めに受けることです。

フラット35はよく使われる長金利固定型の住宅ローンですが、融資の開始日は申込日に関係なく決められています。

住宅ローンの融資スタート日が変えられないため、住宅を購入契約をしても間が開くことがあります。

この時につなぎ融資が活用されます。

また、住宅ローン融資までの待ち時間を少しでも短くするために、融資実行日の指定がたくさんある金融商品を選ぶという方法も効果があります。

住宅ローンのスタート日と、物件の引き渡し日を調整できればつなぎ融資を利用せずとも支払いが開始できるでしょう。

また、不動産会社と交渉し、つなぎ融資に必要な費用を負担してもらうというやり方もありますので、会社に聞いてみてもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました