アルバイトでもキャッシングが可能になるケースの特徴とは

アルバイトでもキャッシングが可能になるケースの特徴とは

キャッシングには必ず審査がありますので、金融会社に融資の申し込みをしても審査の結果、断られてしまうこともあります。

審査に落ちる人がいる中で、収入が低いアルバイトの人でも、キャッシングをすることは可能なのでしょうか。

どういう点に注意をすれば、アルバイトの人でもキャッシングの融資が受けられでしょう。

消費者金融のキャッシングを申し込む場合には、総量規制の対象となるので、申し込み時の希望限度額が低い方が良いでしょう。

限度額は最小限にしておき、総量規制の限度内になるように、アルバイトの給料の3分の1を超えないことが大切です。

勤続期間が長い程、すぐに収入が途絶えてしまう可能性が低いと判断されるので、キャッシングの審査には有利になります。

アルバイトで働いている人でも、一つの場所にずっと勤めていて、収入が無闇に変わっていないほうが有利です。

転々と違うアルバイトに移っている人や、働き出して数ヶ月しか経っていないような場合には、キャッシングの審査は不利になります。

今まで、別のローンやキャッシングを利用して、返済不能や、長期間の滞納をしたことがあると、審査ではかなり不利です。

これはクレジットカードや携帯料金の滞納履歴も含まれるので、心当たりのある人は要注意です。

延滞の情報は内容によって差があり、1年~5年間は残るとされているので、その間はマイナス評価になってしまいます。

アルバイトでも過去に返済トラブルがなく、定期的にバイト料が貰える状態であれば、キャッシングを利用することができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました