アルバイトでもキャッシングを利用することは可能

アルバイトでもキャッシングを利用することは可能

日々の仕事をアルバイトでまかなっている人でも、できるだけ早くお金を用立てなければならないこともあります。

不測の事態か生じるなどして、まとまった現金がすぐにでも必要という時には、キャッシングが役立ちます。

言い換えれば、キャッシングとは金融会社から借りる借金のことですが、会社側も返せるあてがない人には融資をしません。

金融会社が、正社員には積極的に融資を行い、アルバイトやパートへの融資をしたがらないのは、収入の安定ぶりによります。

近年では、アルバイトやパートでも、収入が一定しており返済能力があると見なされれば、融資OKなこともあります。

キャッシングはもともと保証人や不動産などの担保がなくても融資を行う金融サービスで、アルバイトの人でも利用可能な傾向があります。

この頃は、アルバイトでも一定の収入をコンスタントに確保しており、融資が受けられる事例も珍しくありません。

総量規制という法律があるために、キャッシングは年収の3分の1までが一度に借りられる融資金の合計になっています。

つまり、金融会社からの融資をアルバイトが受けるは、収入が安定しているかどうかと、総量規制に違反していないことが前提です。

金融会社側からすれば、住宅ローンのように一度に貸しつける金額が大きくなると、正社員であることを条件に含みたくなります。

小口の融資を希望しているなら、アルバイトでも融資が受けられることはありますので、検討するのもいいでしょう。

キャッシングの条件や審査の基準は金融会社によってまちまちですので、きちんと情報を集めることが大事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました