ローンを利用して借入する時の審査と担保の有無について

ローンを利用して借入する時の審査と担保の有無について

どうしても欲しい商品がある時に、それを買うだけのお金が手持ちにあればいいですが、すぐには支払いができないこともあります。

どうしても現金の不足分を補填したければ、ローンでの借り入れが便利です。

自動車や、高価な家電を買う時は、ローンを組んだほうがいいこともあります。

車や家電とは桁が違う話ですが、住まいを買う時も、お金が足りなければ住宅ローンを組んで支払いにあてます。

どうしても、手持ちの資金以上のお金が欲しいという時にはローンはとても重宝しますが、返済時には金利に基づく利息がつくことは把握しておくことが大事です。

金融機関によっては、まとまった金額のローンを行う時には、担保を入れることを条件につけることがあります。

担保を入れない融資は借入限度額が低く、金利が高く設定されることが多いので、場合によっては担保を用意したほうが都合がいいわけです。

担保があれば金利が低くなるという場合もありますので、ローンの手続きをする時に金融機関の話をよく聞いてみることも大事です。

新しく家を買うに当たって住宅ローンを組む時には、まず買う予定の家に抵当権を設定して、担保にすることが多いようです。

住宅ローンの支払いが終われば、家は担保ではなくなるという形です。

もしも、住宅ローンの返済が途中でできなくなってしまうと、金融会社は融資金を回収するために家を差し押さえます。

予定どおりの返済ができないと、担保を持っていかれてしまう可能性の代わりに、融資時の金利を優遇してもらうという方式といえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました