住宅ローンを組んでお金を借りる時に必要となる担保

住宅ローンを組んでお金を借りる時に必要となる担保

住宅ローンは、人生で最も高額な買い物と言われる住まいを購入する時に、利用する金融サービスです。

いつかはマイホームを持ちたいと思う人は多くいるでしょうが、実際に住宅を購入するとなると大きな決断が必要です。

家の規模や立地によってその金額に違いはありますが、家を一軒買うとなると、大きな買い物になります。

いずれ家が欲しいと、コツコツと貯金を増やしていた場合でも、そのお金を頭金にして住宅ローンを組む人が少なくありません。

もしも住宅ローンを組みたいなら、担保を用意しなけれはなりません。

担保には、物的担保と、人的担保があります。

物的担保では、土地や建物などの資産を担保にすることです。

人的担保は、連帯保証人や、連帯債務者ともいいます。

債務者が、ローンの返済ができなくなった時に、返済を肩代わりする人です。

保証人にも段階があって、一番返済義務が強いのは連帯債務者で、その次に連帯保証人、一番義務が弱いのが保証人となります。

人的担保となる人は、どんな人でもOKということではありません。

金融機関によって差はありますが、条件が設定されています。

人的担保になる人が、そもそもローンを返済することができないような人なら、担保にはなりえます。

相手との関係性によっては、連帯保証人になることを断られる可能性もありますので、よく話し合うことが重要です。

連帯保証人になる人にとっては、住宅ローンの人的担保になることで得られるメリットがなければ、返済責任を負うリスクのほうが大きいこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました