住宅ローンを組むときに必要となる担保について

住宅ローンを組むときに必要となる担保について

新しく家や土地を買う時にはまとまったお金がいるため、資金を調達するための手段として住宅ローン融資を受ける人が多いようです。

購入する家の価格や、現時点で資金をどれだけ持っているかによっては即金での支払いも可能ですが、大抵の人は住宅ローンを利用します。

多くの場合は、住宅ローン融資を受けるに際して、不動産を担保にします。

ローンを組む時に担保を設定しておくことで、もしも返済ができなくなったら、金融会社は担保を返済に使うことができます。

ローンの残高に相当する価値があるものが担保になります。

担保は内容により人的担保か、物的担保に分けられます。

人的担保は、連帯債務者、あるいは連帯保証人と呼ばれます。

もともとの債務者が返済できなくなった時に、人的担保に当たる人物が返済を肩代わりします。

人的担保になる人がどういう人であるべきかは、金融機関や、ローンの条件によっても異なります。

住宅ローン融資を受ける時には、連帯保証人になってくれる人を探しておく必要があります。

連帯保証人になる人は、ローンの返済に対して責任が発生しますので、事前にきちんと事情を話しておくことか大事になります。

もう一方の物的担保とは、土地や建物などの価値ある資産になります。

場合によっては国債や株券といった証券も担保になりえますが、基本的には、物的担保といえば不動産です。

大抵の場合、住宅ローンでは購入する物件を担保にします。

資産価値がはっきりしていますので、それ以上の担保はなくても大丈夫です。

住宅ローンは、金利や返済だけでなく、担保も重要な部分になりますので、不動産を購入するに当たっては、事前準備をしっかり行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました