頭髪の抜け毛の原因

頭髪の抜け毛の原因

髪の毛はそれぞれ寿命を持っていて、健康な髪は3~6年ほどの周期で伸びては抜け、また新しく生えるというサイクルを繰り返しています。

頭皮に異常が起きるなどしてヘアサイクルがうまく回らなくなり、抜ける髪よりも生え替わりが少なくなってしまうことで抜け毛が起こります。

頭髪がある程度抜けても取り立てて異常ではないのですが、一日に100本以上毛が抜け落ちるような場合は、抜け毛対策が必要となります。

抜け毛の原因の一つに、遺伝的要素があります。

両親とも髪の薄い場合、あるいは母親の髪が薄い男の子は、ほぼ確実に抜け毛になるといいます。

遺伝的な要因で抜け毛が起きているとしても、抜け毛の対策をしっかりと行っておくことで、抜け毛の速度を遅らせたり、今の状態を維持することは可能です。

誰しも、年齢を重ねるごとに抜け毛は増えていきます。

とはいえ、抜け毛対策をしていた人とそうでない人には確実に差が出ます。

今の本数をキープするか、減らさないよう頭髪の抜け毛防止をすることは意味のあることです。

抜け毛はさまざまな原因が重なり合っておきるもので、フケからくる頭皮の炎症、血流不足に伴う毛根の栄養不足、皮脂の過剰分泌による負担など、複数の要因によって発生します。

抜け毛がなぜ起こっているのか、その原因を知ることは、防止策を立てる上で重要になります。

抜け毛の原因が特定しにくい場合、専門家のカウンセリングを受けたり美容クリニックに行くことで何か分かるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました