整形手術の社会的環境

整形手術の社会的環境

整形手術への理解はまだまだ完全ではありません。

整形手術を受ける場合、たいていは手術費用は全額自己負担です。

整形手術は病気の治療とは違うので、保険が利用できません。

但しワキガ、先天性の母斑、血管腫等保険適用が認められる疾患も多いですが、例えばワキガに関しても治療法によっては保険適応外になる事があるようです。

ですから、整形手術を受ける時には、保険の効く手術内容なのかどうかを医師に確認してください。

整形手術に対する日本での理解はさほど進んでおらず、整形手術を受けたことはあまりオープンにすべきではないと考えられているようです。

芸能界に限っていえば、案外多くの芸能人が整形手術を受けているそうです。

かといって、整形を受けたことを報道したがる芸能人はいないようです。

例えば、上目瞼にシワを1本形成し多少目の開きを大きくするだけの重瞼術という手術があります。

この手術で本人が社会上不利益を受けていると思っている心理負担を軽減するのであれば、それは何ら社会的、倫理的に問題は無いという考え方も出来ます。

あるいは、高齢者の場合、ノーメイクでいるのをやめてきれいに化粧をすると、活力を取り戻すという事例もあります。

加齢によって少しずつ見た目が変わっていくとしても、整形手術の技術が高まり手軽で安全な整形手術が可能になれば、若い頃の状態に留め置くことも可能です。

現時点では未だ整形手術をネガティブに捉える視点がありますが、今後の高齢化社会では整形手術の良さは認知されていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました