多汗症の治療について

多汗症の治療について

症状によっては、医者の診療を受けなくても多汗症を緩和することは可能です。

大量の発汗があり多汗症であったとしても、折り合いをつけながらうまく生活ができればそれも対策のうちです。

多汗症かどうか判断がつかずに不安を感じているならば、医者の診察を受けてみましょう。

多汗症ではないかと勝手に自己判断をして鬱になってしまってもよくありませんし、発汗が何らかの病気のシグナルだった場合は見落としてしまうような事態にはなりたくないものです。

病院であなたは多汗症ですと診断されるまでは、大量の汗をかく人でも多汗症ではありません。

生活環境を改善するためにも、多汗症を治すことだけにとらわれず、気軽なつもりで病院に行くことがいいようです。

ところで、多汗症の治療法は、内科的療法、精神療法、手術療法と大きく3つに分けられます。

多汗症の手術療法にはさらに2種類あり、1つ目は交感神経を切除する手術です。

手術をした部位以外の汗の量が増えてトータルの発汗量はあまり変わらないのですが、手や足からの汗にはてきめんな効果があります。

2つ目は脇の下の汗腺を除去する超音波手術で、これはワキガ治療にも用いられています。

この方法ならば痕もほとんどなく後遺症も起きにくいようです。

いくらリスクが低い多汗症の手術といっても手術には変わりありません。

どうぞ多汗症の手術を検討される際は十分に検討するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました