多汗症の定義と原因

多汗症の定義と原因

普通の人よりたくさんの大量の汗をかくという体質を、多汗症といいます。

多汗症は、暑さや食事後などとは関係なく汗がでる状態のことですが、多汗症とそうでない状態との違いが数値化されて決まっているわけではありません。

どういった理由で多汗症になるのでょう。

主な理由として考えられるのは、精神的ストレスか、何らかの病気です。

何らかの病気で多汗症症状が現れている場合は、自律神経系や代謝に異常が起きているケースで、全身から汗をかく傾向があります。

発汗量が増える原因には、薬の副作用の影響も挙げられるでしょう。

早急に医者に見てもらった方がいい多汗症とは、体の変調を感じた発汗ということになります。

できれば、病気をしている時に多汗症治療まで必要な状態にはなりたくないものです。

ストレスによる多汗症の場合は、体質や生活環境によるものと思われます。

ストレスが原因の多汗症は、手足等に部分的に発汗することが多いようです。

多汗症を気にする余り、更なるストレスを作り出し、悪循環に陥ってしまう可能性があるようです。

多汗症の心当たりがある方は専門家に心の治療を乞うのも大切です。

治療というと大げさに思えるかもしれませんが、多汗症改善のアドバイスをもらうつもりで気軽にノックすれば良いのです。

多汗症の治療には、まず本人の自己理解が不可欠です。

ぜひ一度ご自身と鑑みてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました