ワキガの治療法

ワキガの治療法

もし自分がワキガであることに気付いたら、自分で悩みを抱え込まないためにも、またまわりに不快な思いをさせないという意味でも、早めにワキガの治療をしたほうが良いでしょう。

ではどんな治療法があるのでしょうか。

ワキガは病気の一種ではありません。

まずは無料で相談できるクリニックを利用して、ワキガ治療することを決めたと同時にさまざまなワキガの治療方法を調べてみましょう。

ワキガの治療方法は費用もかかりますし、クリニックによって違いますから、どの方法が良いか考えることが必要です。

昔から行われていたワキガ治療の方法でよく耳にしたのが、切除法と呼ばれるものですが、今は行われていないといいます。

ひきつれが起きたり傷が残ったりとデメリットの方が大きいからです。

ワキの下の汗腺や皮脂腺など、臭いの発する腋の下の皮膚を切除して縫い縮める方法なので、仕方が無いことなのかもしれません。

ワキガの治療法に、直視下剪除法(皮弁法)というものがあります。

医師が目で確認しながらアポクリン腺とエクリン腺を除去するために、ワキの下の皮膚を6センチ程度切開するというやり方です。

これ以外にも、ワキの下の皮膚に数ミリの穴を開け、細い管を差し込んで、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を吸い出す皮下組織吸引法というワキガの治療法があります。

これは傷跡が残らず、入院が不要で、術後の日常生活への影響もないという利点がある方法です。

さらに超音波治療法と呼ばれるワキガの治療法があります。

これは皮下組織吸引法と同じでワキの下の皮膚に数ミリの穴を開ける方法です。

その穴に超音波装置に接続されているハンドピースの先端を挿入します。

そしてアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を破砕して吸引するのがその方法です。

血管や神経を傷つけず、皮膚壊死の心配もなく入院も必要ないので魅力的なワキガの治療法です。

しかしワキガの治療には費用がかかりますので、治療費を出せる人にはおすすめですが、治療費が出せない人にとっては難しいものです。

その場合はご自分の食生活を見直し、汗を良く拭いて、体を清潔に保つなどして、少しでもワキガの原因となるものを取り除くことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました