ワキガとは

ワキガとは

ワキガとは一体どんなものなのでしょう。

体臭は季節を問わず気になってしまい、一度気になりだすと止まらないのが体臭の悩みだといえまqす。

どんな人でも自分の体臭で悩みたくはありませし、ワキガや体臭にはきれい好きな日本人は特に敏感でしょう。

ワキガであれば、正しい治療を行う必要があります。

ワキガの治療法はさまざまですが、治療法の前に、ワキガとは何かをご説明します。

多汗症とは違うのがワキガというものです。

体温調節が必要でないときでも多汗症は大量に汗を分泌してしまうようです。

手や足や、顔などにも汗をかき、ワキの下だけではありません。

ワキガと多汗症は根本的に違ので、大量の汗をかくために、ワキガと勘違いしてしまう人もいますがそれは間違いなのです。

発汗量が多い多汗症の人は、日常生活を送るうえでもいろいろと問題が出てきます。

書き物する時や楽器を演奏する時、自転車や車のハンドルを握る時など、汗でべとついたり、濡れたりと不便なことが多いのです。

もちろん多汗症も治療しなければ、自然に治ることはできませんが、ワキガ同様、少しでもその症状を少なくすることはできますから、専門医に相談してみましょう。

ワキガというのは具体的には、分泌物が、皮膚にいる菌により分解されることによって発生してしまう異臭のことで、エクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺などの汗腺類から分泌物は出てきます。

思春期の頃から皮脂腺の活動が活発になるので、ワキガの臭いもきつくなります。

ワキガは遺伝もありますし、性ホルモンの影響もあります。

体内に溜まった熱を放出する働きをしているのがエクリン腺で、人の体全体に分布している汗腺です。

アポクリン腺は、ワキ下やおヘソの周り、耳の中などにあるものです。

衣類に染みを作ってしうまう原因の分泌物は、乳白色で、成分は脂肪・色素・アンモニアなどがその主な成分です。

皮脂腺はその名のとおり、皮脂を分泌しています。

これらの汗腺と雑菌が混ざり合うので、ワキガは独特の腐敗臭を放出してしまうのです。

ですから、ワキガは人間がそれぞれ持っている体臭とはまた別のものになるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました