しみの治療に使用されているハイドロキノン

しみの治療に使用されているハイドロキノン

ハイドロキノンの成分を活用して、しみを治療する美容クリニックがあります。

治療したいしみの範囲や濃さ、部位や皮膚の状態によって、レーザーでしみを焼灼する方法や、ケミカルピーリングなどがあります。

皮膚を白くするハイドロキノンを塗って、しみを取り除くという手段もあります。

何らかの刺激を受けた皮膚は、メラニン色素を生成してしみをつくっています。

ハイドロキノンはメラニン色素の排出作用があります。

メラニン色素によってしみができてしまった皮膚にハイドロキノンをつけておくと、皮膚からメラニン色素が徐々に減っていきます。

市場に出回っている美白化粧品はハイドロキノンが入っているものもありますが、少量しか含まれていないので、効果はわずかです。

より美白効果の高い施術を受けたいなら、美容クリニックでハイドロキノンをより多く含むクリームを処方してもらったほうが、しみ対策には有効です。

よりハイドロキノンが多く含まれているクリームを使ったほうが、しみを速やかに除去することができます。

古い皮膚が取り除かれ、新しい皮膚が皮膚表面現れる1カ月後には、肌の白さが実感できるようになるでしょう。

一カ月程度の膏薬の使用で、それまで市販の美白用品だけでは得られなかった美白効果が確認できるようになります。

お肌に塗り続けるだけで、しみ治療の効果が得られるという方法です。

にきびやそばかすなど、しみ以外の肌の症状にも、ハイドロキノンの塗り薬をつけることで解消効果が得られるといいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました